Made in Japan: Men’s rhythmic gymnastics

News

Made in Japan: Men’s rhythmic gymnastics

by: Sarah Hodge | .
Stripes Japan | .
published: August 09, 2017
Editor's note: Japanese translation of story at end of English version.
 
Six gymnasts stand motionless along the edge of the spring floor. The team captain steps forward, raising his arm high over his head with a clipped “hai!” to announce the team is ready. Teammates and fans fervently shout “Faito!” and “Ganba!” (“good luck!”) from the stands as the gymnasts step onto the spring floor and strike their opening poses. As the music begins, the six spring to life in flawlessly synchronized movements before a complicated sequence sees gymnasts tumbling over each other in a series of high-powered flips, handsprings and somersaults. Moments later, a gentler interlude finds the six demonstrating extraordinary flexibility and balance in unison before the tempo picks up to more dramatic tumbling. The audience applauds enthusiastically as various elements are executed up until the group strikes their finishing pose. Triumphant, the gymnasts line up and bow to the audience before clearing the floor for the next group. The entire routine has lasted less than three minutes.
 
Men’s rhythmic gymnastics (MRG) is a sport invented in Japan nearly 70 years ago that combines calisthenics and elements of Swedish, German, and Danish gymnastics; a compulsory RG routine for boys and girls was introduced into Japanese schools in the 1940s to promote fitness. MRG was made an official event at the National Sports Festival held in 1947, and the All-Japan Intercollegiate Rhythmic Gymnastics Championships started in 1949 (All-Japan Inter-High Championships were introduced in 1952). There are two variations of MRG, individual (where gymnasts perform solo with one of four apparatus) and team, which focuses on tumbling, flexibility, balance, and synchronization. Today there are nearly 2,000 men’s rhythmic gymnasts active in Japan, from junior clubs with students as young as five up through top universities like Aomori, Hanazono, Kokushikan, and others whose gymnasts regularly dominate competitions.
 
Kokushikan University RG Team is one of Japan’s oldest MRG teams dating to the 1950s, as well as one of the top teams in Japan, with 13 individual gymnasts, 17 team gymnasts, and 7 in supporting roles. 70-80% of the team was recruited directly by Kokushikan University RG Coach Mr. Kotaro Yamada on scouting trips across Japan. Many of the Kokushikan gymnasts I spoke to have been performing MRG since their early teens, and lessons learned about teamwork, discipline and empathy readily apply to other areas of life. The students’ dedication to MRG is absolute: in addition to studying a full courseload, their practices can run until late at night.  Although not part of the performance team, several Kokushikan graduate student athletes help coach the school’s junior, high school, and university RG teams. 
 
Kokushikan’s gymnasts have a unique role as global ambassadors of MRG: they are frequently invited to perform at gymnastics events around Asia, Europe, and the United States. In July 2016, 15 Kokushikan gymnasts traveled to Riccione, Italy to take part in Festival Del Sole (www.festivaldelsole.it), the largest gymnastics festival in the Mediterranean with over 5,000 international gymnasts participating. Dubbed “flying samurai” by the local Italian press, Kokushikan’s incredible performances (which utilized long ropes, individual apparatus, tumbling, and balance and flexibility poses) wowed 9,000 spectators during the four-day festival. Their first time performing in Italy, it was an invaluable opportunity to network and export MRG to international audiences. Kokushikan University RG team will also be performing at next year’s Festival Del Sole and is currently preparing for upcoming MRG competitions in August and October.
 
Japan is one of very few countries that practices MRG competitively; although there are a handful of MRG gyms and coaches in the United States, Canada, Malaysia, Spain, and Russia, MRG is not currently recognized by gymnastics governing body FIG or the Olympics. As such, there are presently no international MRG competitions, although top-ranked Aomori University performed at the closing ceremony of the 2016 Rio Olympics and top university MRG teams such as Aomori, Hanazono and Kokushikan are regularly invited to perform overseas. After graduation, some gymnasts choose to remain active in the sport by coaching or joining MRG performance groups such as BLUE TOKYO (founded by accomplished Coach Sakae Arakawa of Aomori Yamada High School MRG Team and Coach Yoshimitsu Nakata of Aomori University RG Team) or Cirque du Soleil, which actively recruits top Japanese gymnasts for shows such as Varekai and Michael Jackson One that feature synchronized tumbling.
 
Social media has greatly helped spread awareness of the sport both here in Japan as well as abroad. Ibara High School in rural Okayama is renowned for its extraordinary MRG team, and their group routines have been viewed over 20 million times on Facebook and YouTube (several Ibara gymnasts now perform with Kokushikan and Hanazono University MRG teams). When other top teams are factored in, MRG videos have been viewed more than 30 million times on social media!
 
The 70th All-Japan Rhythmic Gymnastics Championships will be held in Chiba on October 27-29. Throughout the year, many smaller youth, high school and collegiate MRG competitions are held around Japan that are free of charge or inexpensive and the atmosphere is lively, fun, and unique – once you’ve attended an MRG competition, you will fall in love with the power, artistry, and synchronization of men’s rhythmic gymnastics.
 
Please join me in supporting this made-in-Japan original!
 
This story was made possible with generous support from the following:
Coach Kotaro Yamada, Kokushikan University Men’s Rhythmic Gymnastics Team
Mr. Lorenzo Ascani, Festival del Sole, Riccione
Ms. Ayako Shimizu, GymLove (http://gymlove.net/rgl/) sportswriter and photographer 
 
Check out this video (https://www.youtube.com/watch?v=XID3EV9Z3cc) for more on the gymnastics team.
 
男子新体操は「メイド・イン・ジャパン」 
サラ・ハッジ
 
6人の選手が微動だにせず、スプリングマットの端に整列している。チームのキャプテンが前に進み出て右腕を頭上に高くあげ、大きな声で短く「ハイ!」と演技の準備ができたことを宣言する。選手がスプリングフロアに上がり、出だしのポーズをとって静止すると、チームメイトやファン達は「がんば!」「ファイト!」と熱心な声援を送る。音楽が始まると、6人は命が吹き込まれたかのように完璧に揃ったタイミングで動き出し、すさまじいスピードのバック転や宙返りを見せたかと思うと、タンブリングでお互いの上を飛び越える。音楽がゆったりした曲調に変わるやいなや、6人は驚異的な柔軟性を見せ、一斉にバランスのポーズをとる。再び音楽のテンポは早くなり、さらにドラマチックなタンブリングに移る。難度の高い要素が行われるたびに観客は熱い拍手を送り、チームが最後のポーズを決めるまで喝采は続く。勝ち誇った表情を浮かべて選手達はマットを降りて整列し、お辞儀をすると、次のチームのためにマットをあける。一つの演技は3分以内に終わるルールだ。
 
男子新体操(MRG)は、約70年前に日本で生まれた。元々は健康体操とスウェーデン、ドイツ、デンマークの体操が組み合わされたものであった。1940年代には、健康促進を目的として日本の各地の学校で新体操の規定演技が男女ともに行われていた。男子新体操は1947年の国体で正式種目となり、1949年に全日本学生新体操選手権が始まった(全国高等学校総合体育大会は1952年から)。男子新体操には2種類あり、4つの手具のうちの1つを使って演技する個人と、徒手やタンブリング、柔軟性、バランス、同時性に重点が置かれる団体がある。現在、日本の男子新体操の競技人口は、ジュニアクラブに所属する5歳の選手から、常に大会の上位を占める青森大学、花園大学、国士舘大学などのトップチームの選手までを含め、約2,000人である。
 
国士舘大学新体操部は、日本における最も古い強豪チームの一つである。創部は1950年代にさかのぼり、現在、個人選手13名、団体選手17名、サポート役7名が在籍している。チームの7〜8割は、国士舘大学新体操部監督の山田小太郎氏が日本中を飛び回って直接スカウトしてきた選手だ。取材した国士舘の選手の多くは10代の前半から男子新体操を始めており、そこで学んだチームワーク、規律、思いやりといった教訓は実生活においても生かされているという。学生たちが男子新体操にかける思いは生半可なものではない。大学生としての学業に加え、練習が深夜にまで及ぶこともある。試合には出ない大学院生たちも、ジュニア・高校・大学のチームを教えている。
 
国士舘の選手たちは、男子新体操を世界に広めるという独自の役割も担っており、アジア、ヨーロッパ、アメリカの体操関連イベントにたびたび招待され、パフォーマンスを披露している。2016年7月には、国士舘の15人の選手がイタリアのリッチョーネで行われたフェスティバル・デル・ソーレ(http://www.festivaldelsole.it)に参加した。このイベントは地中海地域で最大の体操祭であり、5,000人を超える各国の体操選手が集結した。国士舘チームは地元イタリアの新聞に「宙を舞うサムライ」と紹介され、長縄、個人の手具、タンブリング、バランスや柔軟ポーズを組み合わせた見事な演技は、4日間で延べ9,000人の観客を熱狂させた。イタリアで国士舘が演技したのは初めてのことだったが、これは男子新体操を世界に広め、海外にファンを作る絶好の機会となった。国士舘大学新体操部は、現在8月と10月の試合に向けて練習に励んでいるが、来年のフェスティバル・デル・ソーレへの参加もすでに決まっている。
 
男子新体操が競技として行われている国は、日本をはじめ、わずか数カ国にすぎない。アメリカ、カナダ、マレーシア、スペイン、ロシアには若干名の選手とコーチがいるが、男子新体操は現在のところ、体操界を統括する組織であるFIG(国際体操連盟)やオリンピックには認められていない。したがって、青森大学がリオオリンピックの閉会式で演技を披露したり、青森大学や花園大学、国士舘大学などの大学チームが毎年のように海外に招待され演技を行ってはいても、男子新体操の国際試合は行われていないのが現状である。大学卒業後も何らかの形で男子新体操に関わる道を選ぶ選手は決して多くはない。しかし、指導者として競技を続ける者もいれば、荒川栄氏(青森山田高校新体操部監督)と中田吉光氏(青森大学新体操部監督)が創設したBLUE TOKYOや、シルク・ドゥ・ソレイユなどのパフォーマンスグループで活躍する者もいる。シルクは積極的に日本の新体操選手をスカウトしており、「バレカイ」や「マイケルジャクソン・ワン」などのショーではシンクロナイズド・タンブリングが採用されている。
 
ソーシャル・メディアは日本と同様、海外でもこの競技を広げるのに一役かっている。岡山の小さな町にある井原高校新体操部は、世界に類のない演技で有名であるが、井原の団体演技はFacebookとYouTubeで2,000万回以上も再生された(井原の選手の何人かは、現在国士舘大学や花園大学の新体操部に在籍している)。青森大、国士舘大、花園大といったそのほかのトップチームの分も加えると、男子新体操の動画はソーシャル・メディアにおいて3,000万回以上も再生されているのだ!
 
第70回全日本新体操選手権は10月27-29日に千葉で開催される。より小規模なユース、高校、大学レベルの男子新体操の大会は、年間を通して日本の各地で行われており、入場無料か、有料でも手頃な値段である場合がほとんどだ。大会の雰囲気は活気に満ち、楽しくて独特である。一度でも男子新体操の大会を見れば、男子新体操のパワー、芸術性、同時性の虜になることは間違いない。
 
「メイド・イン・ジャパン」の男子新体操。こんなスポーツはほかにはない。あなたも男子新体操を応援してみませんか。
 
この記事を書くにあたり、次の方々から惜しみないご協力を賜りました。
国士舘大学男子新体操部監督 山田小太郎先生
ロレンツォ・アスカーニさん(フェスティバル・デル・ソーレ、リッチョーネ)
ジムラブ(http://gymlove.net/rgl/)スポーツライター兼写真家 清水綾子さん
Tags: News
Related Content: No related content is available